東海地方の観光地について

東海地方の観光地については、実に様々な特徴があると言えるでしょう。
まず、東海地方の中でも政令指定都市である名古屋市のある愛知県は、その歴史を見ても日本の中心を担ってきたと言っても過言ではないのです。愛知県は、古くは尾張、三河と呼ばれていた地域なのですが、それは今をさかのぼること約450年前、戦国時代には、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康ら戦国三傑と呼ばれた武将がこの地域を舞台に活躍したことでも知られているのです。
江戸時代以降、尾張は徳川御三家のひとつ尾張徳川家の領域となりました。また、三河には多くの譜代大名が置かれたのです。その後、明治4年の廃藩置県の後に、尾張は名古屋県に、三河は額田県となりその後明治5年に名古屋県が愛知県と改められて、額田県と合併して現在の愛知県域が確定したのです。
そんな愛知県の観光スポットは、そんな歴史の残る名古屋城に始まり数多くの歴史スポットがお勧めです。また、近年では名古屋めし、と呼ばれる名古屋独自の料理も全国的に知られ、愛されるようになってきており、ひつまぶしやみそカツの本場の老舗でその味に舌鼓を打つのも悪くないでしょう。
また、その北隣の岐阜県はいまでも多くの自然が残る地域としても有名です。特に長良川の鵜飼いなどの長い歴史を持つその自然の豊富さを生かした名物なども広く知られています。
三重県は、その西端は関西圏の側面を持ち、また、東端を名古屋と深いかかわりの中で育ってきたという変わった県です。西の方では方言も関西弁に近い言葉が日常的に使われているのですが、全県に亘って関西弁が広がっている訳ではありません。
三重県には多くのレジャー施設が存在しており、それは名古屋やまたはさらに遠くからも観光客や買い物客で今なおにぎわっています。ナガシマスパーランドや鈴鹿サーキット、またはジャズドリームといったショッピングモールやデートスポットとしてなばなの里という東海、関西にも広くファンを持つレジャースポットを数多く有しています。
静岡県は、またそれは三重県とは反対に、関東圏の影響を強くうけています。つい最近、浜松市の人口が100万人を超え、政令指定都市に認定されました。浜松近くの浜名湖と言えば、うなぎが有名です。また浜名湖ボートでは数多くの競艇ファンをうならせる名勝負を演じてきたという歴史があります。今もなお多くの競艇ファンでにぎわっています。
そんな個性豊かな観光地について、詳しく紹介をしていきましょう。

名古屋 キャバクラのことならナイツネットにお任せ!!

ホームページ制作 名古屋なら『電脳職人村』にお任せください!

ベリーダンスなら『サハラレイラ』。ダイエットにも最適。ベリーダンスのことならお気軽に『サハラレイラ』にお問い合わせください。